創作サークルぼんやりクラブ」へようこそ!

2014年


2月19日



静かに翳る 8/23

静かに翳る MADOROMI

これは、葉一の誕生日である8月24日に「何か不吉なことが起こるのではないか?」と予感させる動画。(ただしくは22日ではなく23日w)この頃は、まだ葉一とほのかを模した落書きアニメ(話の区切りで日付を示す動画)を考えていなかったから、こんなかんじだったw

静かに翳る 動物人間

普通だな。

静かに翳る MADOROMI

人は時として簡単に死ぬ。しかし簡単には死なない。

静かに翳る 動物人間

何言ってんだこいつ??

静かに翳る MADOROMI

だから、よくわからないまま急にほのかが死んでしまっては、読者は全く意味が分からない。そのために、幼少期の冒頭で、すでにほのかが亡くなっているという情報を与えたし、「麻野」を登場させて、「ほのかには異変が起きるのでは?」と感じさせる前フリも用意した。

静かに翳る MADOROMI

さらに念押しで「今までとは違いますよ」と注意を促すために、8月23日の落書きアニメを「無人」にし、「ん?」と思わせるために、右端をあえて汚くした

静かに翳る MADOROMI

それから、8月24日になるまで、もういっちょ念押しで、大きな「」を入れた。その間ってのは、「ミニトマトが水中を落ちていく動画」のことね。ひと呼吸おくとリズムが断ち切れ、読者に何とも言えない緊迫感を与えることができる。そして、注意を引きつけたところで、8月24日の「赤文字」と「倒れるほのか」の動画を入れた。

静かに翳る MADOROMI

要するにMADOROMIは、「意味が分からない読者をねじ伏せる」ために、何重もの前フリを入れて、「分からない。でも、不自然ではない」という状況を作ろうとしていたのだった。

静かに翳る MADOROMI

まあ、、それでも、ほのかを死なせてしまうシナリオを選んだのは、罪悪感ではないけれど、自分のなかで肯定的になれない部分があった……。人の死をドラマにしていいのか? とか考えてね。。。

静かに翳る MADOROMI

「ほのかの死」によって、葉一がああなってしまうという物語だから、前提として必要な要素ではあるけど……でも、本当に死を取り扱うなら、もっとリアリティを追求して、納得できるものにしなければいけないな、と、製作中に深く感じていた。

静かに翳る 動物人間

根川の扱いは特にひどい

静かに翳る MADOROMI

うん、あんな適当な処理の仕方は、もうしないようにしよう。いくら創作だからって、ああいうのはよくない気がする。そう考えるに至った静かに翳る製作でした。

静かに翳る 幻の麻野
しっかり反省して下さい。。

PAGE TOP ▲

Copyright © 2016 ぼんやりクラブ All Rights Reserved.