創作サークルぼんやりクラブ」へようこそ!

2014年


3月16日



川原のごつごつとした石の上に座って、しばらく流れる水の音を聞いた。
せせらぎは、心の中を洗い流すかのようだった。
澄みきった心はとても穏やかで、そんなとき、葉一はこの静かな風景と一体になったような気がしていた。

「葉一くん、よく笑うようになったね」

「え、そうかな?」

「うん」

自分で意識したことはなかったが、それはきっと、いつもほのかと一緒にいるからだと葉一は思った。
そんな自身の変化に気付いてくれたことが、葉一は嬉しかった。

「ねぇ、葉一くん。10年経ったらさ、あたしたち、何しているかな?」

「10年かぁ」

葉一には、10年という時間が途方もなく長いもののように思え、さっぱり見当がつかなかった。

「全然分からないや……」

「18歳でしょ、うーん、まだ博士にはなってないかなー」

「えっ、ほのかちゃん博士になるの?」

「うん。あたし、ミニトマトの博士になる」

「フルーツみたいに甘くて美味しいミニトマトを作るの」と言って、ほのかは大人びた咳払いをしてみせた。
二人はけらけらと笑ってから、川縁にそよぐ風の音に耳を澄ませた。
しんと心が静まっていく感じがした。
その心地よさに身を委ねながら、葉一はほのかと川の流れをぼうっと眺めていた。
すると、そうしている自分を俯瞰してみているような妙な感覚がした。
立ち入りが禁止されている森の中の、人気のない河原で、同級生の女の子と一緒に景色を眺めている……。
それがどこか夢の中の出来事のように思われた。
今、自分たちがいかに特別なことをしているのかをふと思い知り、葉一の心は、その特別さによってどこまでも満たされていくのだった。

「――あたし、この山が好き」
「うん。ぼくも」
静かに翳る MADOROMI

幼少期、指切りの後のシーン修正前テキストです。

静かに翳る エッグ

ミニトマトの博士って、実際にいるの?

静かに翳る MADOROMI

さぁ……。

静かに翳る 幻の麻野

ミニトマトを研究している方はいらっしゃると思いますが、どうなんでしょう。

静かに翳る MADOROMI

うーん……。

静かに翳る 動物人間

なんで調べねーんだよ!?

静かに翳る MADOROMI

そもそもY山みたいな環境で育つミニトマトってあんのか? って思いながらシナリオ書いてたから!!!

静かに翳る 動物人間

キレんなよ。

PAGE TOP ▲

Copyright © 2016 ぼんやりクラブ All Rights Reserved.