創作サークルぼんやりクラブ」へようこそ!

2016年


6月21日



◆ラストの展開について
―――――――――――――――――――――――――

【2年生】

葉一は過去に、ほのかと仲良くなった。
ほのかと未来へ向けて約束をした。
しかし、ほのかは死んでしまい、それが叶わなくなった。

【空 白】

小学校3年~高校2年までの時間がすぎる。
謎の書物のなかにでてくる、クナに影響される。
兄たちの影響で可笑しくなっていく。
唯一の支えを失っていた葉一の心は、悪意に蝕まれていく。

【高校3年生】

ほのかのことが忘れられずにいる。
ほのかの似顔絵や手紙を書いている。
記憶が消えてまわないように、何度も何度も
想像を続けていた。

10年という歳月が流れ、とうとう約束した
未来が現実のものになろうとしていた。

しかし、そこに、ほのかはいない。

→「すでに、お前はあの日、死んでいたのだ」

【自殺】

①完全ある想像の産物   
  ↓
②絵や人形といった創作物
  
静かに翳る MADOROMI

ラストの展開について、何度も行き詰まっていたので、一度整理するために書いたもの、だと思う。

静かに翳る 動物人間

①完全ある想像の産物   
  ↓
②絵や人形といった創作物
 これなんだ??

静かに翳る MADOROMI

①は形のない想像のほのかとことで、②は形のある想像のほのか って意味。

静かに翳る MADOROMI

最後にいきなりほのかのビジュアル(アニメーション)が出てくるのって、特別感を出したいって意図があるにしても唐突だと感じたんだ。だから、事前に物語のなかでほのかのビジュアルを示しておいた方がいいって考えたら……すでに葉一がほのかの絵を描いていたんで、それを最後アニメーションで動かすことで具現化した感を出そうとしたんだ。

静かに翳る 幻の麻野

要するに①が来る前に②を出してワンクッション置いたんですね。

静かに翳る MADOROMI

そういうこと。上のメモはこのアイディアが思い浮かんだ時期に書いたものだと思う。

静かに翳る エッグ

ふかふかクッションでおやすみぃ・・・Zzz

静かに翳る MADOROMI

じゃあ、自分も……Zzz

静かに翳る 動物人間

お前ら、もう二度と目覚めんなよ(笑)

静かに翳る 幻の麻野

(ひでぇ……)

PAGE TOP ▲

Copyright © 2016 ぼんやりクラブ All Rights Reserved.